オーナー一覧

鉄とガラスと水の調和が素晴らしい建築!!谷口吉生設計の豊田市美術館に行ってみた。

外からみると外壁で空間が分断され荘厳で静謐だが、中に入ると豊かな余白とふんだんな自然光がその境界を意識させない。そんな不思議な魅力が谷口吉生の建築なのかなぁと。

奈良美智 for better or worse に行ってみた感想 (豊田市美術館)

奈良美智が「30年分の卒業制作」と語る、今回の展覧会。世界中各地から100点あまりの代表的な作品が豊田市美術館に集まります。そこに金夜から行ってきました。

国立新美術館『安藤忠雄展-挑戦』:安藤忠雄による特別講演(全文)

2017年9月27日から国立新美術館10周年記念展覧会として『安藤忠雄展-挑戦』が始まる。展覧会に先立って、4月12日に行われた安藤忠雄氏の特別講演の全文を書き起こした。

安藤忠雄設計のホテルに宿泊!「瀬戸内 リトリート青凪」など泊まれる宿まとめ8選

「ベネッセハウス」「瀬戸内 リトリート青凪」など安藤忠雄が設計した宿泊施設をまとめた。ANDOコンクリートと自然の調和、大きな一枚ガラスから見える都市の風景、瀬戸内海とつながったかのようなプールなど、海外作品を含む8件をご紹介。

『高橋コレクション』とは。国内最大の現代アートコレクションを解説!(後編)

こんなに素晴らしい高橋コレクション。実は、全国で定期的に巡回を行っていて、タイミングさえ合えば見ることが可能。どうしても見たい方は旅行がてら行ってみるのもオススメ。

『高橋コレクション』とは。国内最大の現代アートコレクションを解説!(前編)

『高橋コレクション』とは、精神科医の高橋龍太郎氏が個人的に集めている現代アートのコレクション。会田誠、村上隆、奈良美智、草間彌生、荒木経惟、蜷川実花、清川あさみ、名和晃平、チームラボ、chin↑pom...そうそうたるメンバーが集められている個人蔵ギャラリー。

サンシャワー展に行ってみた感想(国立新美術館、森美術館)

国立新美術館と森美術館がコラボするってあんまり聞かなくて、それに興味を惹かれ「サンシャワー展」に行っ...

東京から『直島』『地中美術館』へのアクセス

今回は安藤忠雄ファンなら一度は訪れるべきアートの島、「直島・地中美術館」までの行き方を詳しくご紹介したいと思います。直島には8つもの安藤忠雄建築があります。おすすめは飛行機です!

写狂老人A

「でた!やっぱり!クレイジー!!」とおもってましたが、会場全体を見るとその感想もだんだん変わってきて、アラーキーが撮ってきたものがなんとなく分かってきました。彼が撮っているのは「日常とエロスと生死」だと。

スポンサーリンク
レクタングル大