Webディレクターに必要なスキル&経験を6つに分類してみた

webディレクターは会社によって業務分担が大きく違うので、転職をするときに「webディレクター」の職種で募集がされていても注意が必要です。
制作会社でのwebディレクター経験から、webディレクターのスキルを「プロジェクトマネジメント」「要件定義・設計」「企画・プレゼン」「デザイン」「マーケティング」「開発」6タイプに分けて解説してみました。


スポンサーリンク
レクタングル大

webディレクターのスキル6分類

プロジェクトマネジメントのスキル

プロジェクトマネジメント

Sean MacEntee


webディレクターの最も基礎的なスキルです。

一言で言えば「仕切り」がうまいかどうか。

予算管理や人員の管理、スケジュールの管理のスキルなどプロジェクト全体をスムーズに進めることができるかです。

要件定義・設計のスキル

設計

準建築人手札網站 Forgemind ArchiMedia


サイトやアプリの設計のスキル。

最適なワイヤーフレームをつくることができるかどうか。

矛盾や漏れの無い設計をすることができるかどうか。実現したいアイデアを設計書に落とし込んで形にできるかどうか。

企画・プレゼンのスキル

powerpoint


企画力、提案力のスキルです。

面白い企画、話題になるような企画、顧客の課題や要望をきちんと解決できる企画を作れるかどうか。

また、作った企画を魅力的に伝えられる資料作成スキルや、プレゼンのスキルがあるかどうかです。

デザインのスキル


課題に対して適したデザインを作れるかどうか、またデザイナーに的確な指示を出せるかどうか。

ディレクターとデザイナーが分業している職場では、自分が手を動かせる必要はありません。

使いやすいわかりやすいデザインになっているか、クリエイティブの品質チェックができるか、イケてるデザインを作り出せるかどうかです。


マーケティングのスキル


ホームページ、サイト、アプリに集客するためのwebマーケティングのスキルです。

SEO、リスティング、アドネットワーク、SNS施策、販売促進、アクセス解析の知識と実務経験がどれだけあるか。

webプロモーションのスキルと言うこともできます。

開発のスキル

プログラミングやネットワーク、サーバー周りについてのスキル。

最適な開発手法、言語をどれだけ知っているか、サーバーなどのネットインフラ整備にどれだけ詳しいか。

デバッグ(バグ潰し)をどれだけ正確に行えるかも重要です。

特にディレクターに求められる開発スキルは、プログラマと技術的な会話を出来るかどうか、先進的な開発手法や効率的な開発手法を知っているかどうかです。


webディレクターのスキルをレベル分けしてみる

「プロジェクトマネジメント」「要件定義・設計」「企画・プレゼン」「デザイン」「マーケティング」「開発」の6タイプのレベル分けをしてみます。

レベルが高いほど、スキルや経験が高い、人材価値が高いといえるでしょう。

プロジェクトマネジメントスキル

案件の規模や関わった工数の大きさで判断できます。これらを問題なくしきれるかどうか、仕切れたかどうかでレベルがわかります。

レベル1

・予算の規模 0~200万円
・動かした人 1~3人程度
・制作期間  0~2ヶ月

レベル2

・予算の規模 200万円~1000万円
・動かした人 数人~10人程度
・製作期間  3~6ヶ月
・ポジション 責任者または副責任者をつとめた

レベル3

・予算の規模 1000万円以上
・動かした人 数十人~100人以上
・製作期間  1年以上
・ポジション 責任者を務めた

要件定義・設計のスキル

担当したサイトやページの規模、ユーザーからの評価(使いやすいわかりやすい)で判断することができます。

レベル1

LPやバナーの構成を作った経験がある

レベル2

中小規模なサイト(数十~100ページ程度)やカンタンなアプリのワイヤーフレーム作成や仕様の取りまとめた経験がある

レベル3

数百ページ以上の大規模なサイト、アプリケーションのワイヤーフレーム作成や仕様の取りまとめの経験がある

企画・プレゼンのスキル

レベル1

バナーやLPの提案資料を自ら作成し、提案した経験がある。

レベル2

小規模(数十ページ)~中規模(100ページ程度)なサイトの新規・改善提案を行い採用された経験がある。

レベル3

大規模なサイトやプロジェクトの企画提案をし、コンペで賞を取ったり、採用された経験がある。または企画がメディアに掲載されたり話題になった経験がある。

デザインスキル

レベル1

顧客の要望どおりにバナーやLPのデザインのディレクションができ、納品したことがある。

レベル2

サイト全体のデザインルールの策定やUIの改善をしたことがある。

レベル3

制作物がメディアやギャラリーサイトに取り上げられたり、賞を取ったことがある。

マーケティングスキル

レベル1

GoogleAnalyticsのレポート作成、SNSの運用、adwordsなどのアドネットワークを使用した施策を経験したことがある。

レベル2

SEO、リスティング、SNS運用、アドネットワークなど1つの分野で集客を行い、効果を上げた経験がある。

レベル3

web集客手法全体の知識があり、責任者の経験がある。または一つの分野において他社が参考にするレベルの改善実績がある。

開発スキル

レベル1

htmlやCSSを読むことができる。

レベル2

フロントエンド(html,CSS,Javascript)、バックエンドやアプリ(PHP,Ruby,JAVA,swift)、インフラ(サーバー、ネットワーク構築)いずれかの実務経験3年以上で自ら開発できる。DB定義書を理解できる。

レベル3

フロントエンド、バックエンド、インフラについて理解し、開発チームの責任者を務めた経験がある。


自分の身につけたいスキルと今の自分を比べてみよう

今の自分のスキルと、理想のレベルとのギャップはありますか?また、自分の得意にしているスキル、足りてないスキルが分かるかと思います。

実際にはこの全てのスキルがレベル3の人が最強ですが、まずそんな人はいません。自分が伸ばしたいスキルがより高いレベルを獲得できるよう自分磨きをしていきたいですね!

今度はそれぞれの6タイプの専門性を極めた場合、同じwebディレクターでもどんな方向性があるのか、具体的な職種名で解説してみたいと思います!!

スポンサーリンク
レクタングル大

コメント

  1. […] webディレクターのスキルを6タイプに分けてみたでも述べたように、大まかに6つに分けられます。 […]